Out of Commission

報酬
  • $250,000
目的
  • ジェイコブ、ローマンと合流する
  • ペゴリーノの手下を追跡してアジトを突き止める
  • ペゴリーノを追い詰め、ハピネス島で殺す
開始条件
失敗条件
  • ジェイコブまたはローマンが死亡する
  • カーチェイスの段階でペゴリーノの手下を見失う
  • アジトを突き止める前にペゴリーノの手下を殺す
  • ペゴリーノに逃げられる
新要素
  • なし

逆恨みに燃えるペゴリーノ

ミッション「A Dish Served Cold」で因縁のディミトリに引導を渡すことができたニコは、リバティシティに来てからのイザコザをきれいに清算できたような心持ちでいた。心機一転して前に進もうとしていた矢先、取引の失敗で再起不能になったペゴリーノはローマンの結婚式を襲撃し、結果としてケイトがその銃弾に倒れてしまう。罪なきケイトの仇をとるため、ニコはペゴリーノとの最終決戦に臨む。

結婚式の惨事の後、ペゴリーノの動静を観察していたジェイコブから「ヤツらを見つけた」との連絡が入る。待ち合わせ場所で彼と合流してペゴリーノの手下共を尾行しよう。彼らを殺さずにそのまま後をつければ、ボスがいる隠れ家へと導いてくれる。追跡経路となるハイウェイではターゲットは相当無茶な運転をするので、振り切られないよう要注意だ。

特にハイウェイを逆走する場面では、ターゲットの車を避けようとした対向車が蛇行しながら突っ込んでくる。追跡車両の加速がイマイチなので、ちょっとした接触事故でも取り逃がす可能性がある。

あまりの猛スピードに怖気づくローマン。ジェイコブだけ来てくれればいいんじゃない?

あまりの猛スピードに怖気づくローマン。ジェイコブだけ来てくれればいいんじゃない?

要塞と化した隠れ家

手下達を追跡すると最終的にオルダニー地区の海岸にある廃墟へとたどり着く。そこがペゴリーノの新しい隠れ家になっているようだ。静かに奇襲をかけたいところだが、追跡を振りきれないと悟ったターゲットはアジトのメンバーに連絡を入れていたようだ。現場につくなり完全に迎撃態勢を整えた敵から、一斉射撃をお見舞いされることになる。

銃弾の嵐の中、ニコはジェイコブとローマンに対して逃走用の足を確保してもらうよう依頼し別々に行動することなる(カットシーンあり)。ここからが本格的な戦闘の始まりだ。単独行動なので、誰かの体力を気にしながら戦う必要はない。自分のペースで進もう。

アジト前には建物の屋上に数名、建物前で車のバリケードを盾にした敵が10名程度いる。まずは乗ってきた車でカバーポジションを取りながら、屋上にいる敵を始末しよう。高所をおさえられている状態は、一方的に射撃の的にされる可能性があるためよろしくない。

一緒に来てくれるのは嬉しんだが、ローマンお前まさかの手ぶらか?せめてハンドガンくらいは持ってないの?

一緒に来てくれるのは嬉しんだが、ローマンお前まさかの手ぶらか?せめてハンドガンくらいは持ってないの?

まずはバリケードを突破しよう

屋上を片付けたら地上の敵だ。バリケードにしている車にRPGを打ち込んでやれば車同士が誘爆してくれるので、かなりのダメージを与えることができる。さすがに爆風だけで敵を一掃することはできないが、数を減らして且つ怯ませるには十分だ。

RPGを打ち込むのと同時に、右手の廃材置き場を経由しながら接近しよう。そのまま最短距離で彼らに接近しないのは、いざというときにカバーポジションをとれるようにするためだ。

外を片付けたら屋内だ。屋内に控えている敵の数は少ないが、いかんせん薄暗いため敵の位置が把握しにくいことから、入口付近でカバーポジションを取って敵の配置を確認しよう。マズルフラッシュ(発砲時の火花)で、大凡位置は特定できるはずだ。

カバーポジションを取りながらは狙えない敵もいるので、ある程度敵を片付けたらそのまま慎重に進もう。

最終ミッションで出し惜しみしてもしょうがないので、ここぞとばかりにRPGをブチかましてやろう。

最終ミッションで出し惜しみしてもしょうがないので、ここぞとばかりにRPGをブチかましてやろう。

屋内ではペゴリーノがお出迎え

建物内を更に進むと、ペゴリーノが登場し「この事態を招いたのはお前自身だ」と罵ってくる(カットシーンが再生)。ヤツは言いたいことだけ言ってサクっと逃げ出すので、そのまま後を追いかけよう。

余談だが、この隠れ家には(これ以降の戦闘も含む)フィルの姿はない。ミッション「A Dish Served Cold」以降の電話で「俺は降りるぜ」と言っていたので、ペゴリーノファミリーからは抜けたのかもしれない。彼とは戦いたくなかったので一安心だ。

さて、このまま追いかけて屋上の扉を開けると、手下2名が正面に待ち受けている。ペゴリーノが逃げる様が見えるのでついつい撃ちたくなるが、この場面では彼は無敵なので無駄撃ちせずに手下共を狙って行こう。ペゴリーノに体力マーカーが表示されるものの当たり判定が全くないようで、体力を減らすことはできなかった。

ニコに対して悪態をついてくるペゴリーノ。もうすぐ殺してやるから、ちょっと待ってな。ジイさん。

ニコに対して悪態をついてくるペゴリーノ。もうすぐ殺してやるから、ちょっと待ってな。ジイさん。

屋外の敵を殲滅しよう

ミッション「A Revenger’s Tragedy」では、ここからディミトリのヘリに捕まってスピードボートのところまで行けたが、今回のミッションではショートカットはないので、普通に敵をいなしながら進む必要がある。ペゴリーノがスピードボートに乗り込むまでは時間制限はないため、体力を温存しながら着実に進もう。

屋上に出た後は、そのまま扉正面にある梯子を伝って降りる経路と、屋上をつたっていく経路の2通りがある。高所を確保すると銃撃しやすいので、圧倒的に後者の経路がオススメだ。海沿いの通路に敵が集中しているので、そこを見下ろせるように進もう。更に進むと車に乗った新手が登場するので、降車前にガラス越しのHSをキメられれば爽快だ。

ここまで進むとペゴリーノがスピードボートに乗って逃走をはじめる。ここからは時間制限ありとなり、もたついているとアッというまに逃げられてしまう。ボートのそばにあるバイクに素早く乗り込み、海岸づたいにボートを追跡しよう。

海岸沿いに降りてしまうよりも、屋上から狙ったほうが被弾を抑えられる。背後を取られることもないので安心。

海岸沿いに降りてしまうよりも、屋上から狙ったほうが被弾を抑えられる。背後を取られることもないので安心。

ジャンプ台でヘリに飛び移ろう

時間制限ありだと焦ってしまうのだが、くれぐれもバイクの運転には注意が必要だ。舗装された路面と異なり、砂浜のドライブはハンドルがとられやすいことから、人や物にぶつかるだけでもかなりバランスを崩してしまう。また特に注意すべきなのが、海岸の一部が入り江のようになっていて砂地がなくなっている部分があることだ。ある程度のスピードにのっていないとジャンプで乗り越えられないため、間違っても急ブレーキかけたりしないように注意しよう。

ボートからは発砲を受けるほか、道すがら要所に手下が待ち構えていて銃撃してくる。ある程度のスピードが出ていれば、こいつらの弾が当たることはほとんどないので、ドライブバイなどはせずに運転に集中しよう。

しばらくすると逃走用(この状況では追跡用だが・・・)の足を用意してくれたジェイコブとローマンがヘリに乗って登場する。吊り橋を引き上げたようなジャンプ台があるので、そこにバイクごと突っ込んで行こう。ジャンプ後はスペースキー連打でヘリに乗り込める。

間違っても右側の道路に向かって進まないよう注意。減速は不要なので、フルスロットルでマーカーに飛び込もう。

間違っても右側の道路に向かって進まないよう注意。減速は不要なので、フルスロットルでマーカーに飛び込もう。

ケイトの仇をとれ!

ヘリに乗り込んだら運転がニコにかわるのでフルスロットルで追跡開始だ。このとき「高度を下げろ」的なメッセージが出るが、敵のRPGを避けるためにもある程度の高さを保つことをオススメする(高さは動画を確認してほしい)。

しばらく追跡を続けると敵のRPGを被弾して(必ず喰らう)しまう。スピードボートもこちらの攻撃で火炎をあげているため、ターゲットもろともハピネス島に不時着することになる。ペゴリーノは島内の奥に逃げ込むのでそのまま追跡しよう。

ヘリから降りて直後は、ペゴリーノが走って逃げる様子が視認できる。周りの敵や警官を無視して、ヤツへの攻撃に集中すればすぐに倒すことができるはずだ。ペゴリーノの体力をゼロにできればミッション完了となる。その後カットシーンを経てエンドロールだ。

ペゴリーノを追い詰めたら、たっぷりと屈辱を味あわせたうえで処刑しよう。ケイトの敵討ちだ。

ペゴリーノを追い詰めたら、たっぷりと屈辱を味あわせたうえで処刑しよう。ケイトの敵討ちだ。

hack4hs

東京の片隅で、娘+嫁+猫2匹と同居中。家族が寝静まった深夜に、FPSとシミュレーションに興じるサラリーマンゲーマー。家事&育児と仕事に追われる毎日で、買ったものの開封すらしていないゲームが多数。マジで老後はゲーム三昧の日々を送ろうと固く心に誓いながら、日々を清々しく生きています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です