MaxPayne3 カットシーンセリフまとめ Chapter1「SOMETHING ROTTEN IN THE AIR」 ネタバレ注意

マックスペイン3 Chapter1のカットシーンセリフを日英両方まとめました。セリフをまるっと掲載しているので、ゲーム未プレイの方はネタバレに注意して下さい。ストーリーをご自身のプレイで確認したい方は、そっとブラウザを閉じて下さい。

Chapter1 「SOMETHING ROTTEN IN THE AIR」

エアポートでの戦闘を回想する

MP3_cp01_01

[マックス] どうやら 彼らの期待通り 立派な人殺しになれたようだ。
So I guess I’d become what they wanted me to be, a killer.

[マックス] 悪党を蜂の巣にする 銃を持った偽りのピエロ 
Some rent a clown with gun who puts holes in other bad guys.

[マックス] まあ そのために雇われたのだから これで良かったんだろう 
Well, that’s what they had paid for, so in the end that’s what they got.

[マックス] アメリカ人に何を求めているか知らんが 俺達は資本主義を理解している
Say what you want about Americans, but we understand capitalism

[マックス] 代金を支払えば それなりのものが買える
You buy yourself a product and you get what you pay for,

[マックス] あの成り上がりどもは 善悪の区別もつかない凶暴なアメリカ人を金で買っただけのことだ
and these chumps had paid for some angry gringo without the sensibilities to know right from wrong.

[マックス] この時 俺は安っぽい死神のように この哀れな男の命を奪おうとしていた そして彼らの言ったとおりだと気付いた
Here I was, about to execute this poor bastard like some dime store angel of death and I realized they were correct.

[マックス] 貧しい人々を助ける奴と 妹を侮辱する奴を並べても 俺には区別がつかなかった
I wouldn’t know right from wrong if one of them was helping the poor and the other was banging my sister.

数週間前のパーティー会場まで遡る

MP3_cp01_02

[マックス] 数週間前 サンパウロに着いた
I’d arrived in Sao Paulo a few weeks before.

[マックス] このイカれた街で 実業家のボディーガードとして働いていた
I was working a protection detail for the kind of people who need protection in a town like this.

[マックス] どんな街かって? 皆が俺の知らない言葉を話し 酒を薄めずに飲む所だ
And what kind of town was this? One where I didn’t speak the language and they didn’t water down their drinks.

[マックス] うまくやっているように見えたが そのままで終わるはずなどなかった
so for now, we seemed to get along just fine. Of course, that was about to change.

[パソス] よう 兄弟
Hey, brother.

[マックス] よう
Hey.

[パソス] カクテルは美味いか?
How’s the cocktail?

[マックス] スコッチだ 混ぜ物は好きじゃない
It’s Scotch, I never mix my drinks.

[パソス] 少なくとも 仕事中はだろ?
Oh at least not on duty?

[マックス] そんなところだ
Something like that.

[パソス] まったく でかいスラム街だ
Man, that favela is big.

[マックス] ああ 貧困層を見下ろせば カクテルパーティも一層盛り上がるだろう
Yep, nothing like the view of extreme poverty to make a penthouse cocktail party really swing.

[パソス] で 貧乏人はそのおこぼれに預かる と
I guess they call it trickle down economics.

[マックス] ふざけた話だ
Ha-ha… That’s funny.

[パソス] これも慈善事業だ 酒を飲んで金を払う 子供たちのためにな
It’s supposed to be a charity thing, drink and give money, I don’t know, something for the kids.

[パソス] せめて 俺たちは陽気にしていないとな ここは地獄だ
Hey listen man, we better look lively. This place is a nightmare.

[パソス] 下にいる警備員は役立たずばかりだ 嫌な予感がする
They just got cowboys running security downstairs, and something rotten in the air.

[マックス] 大した事じゃない ここでは常に感じていたからだ
That didn’t mean much, there was always something rotten in the air.

[マックス] 俺たちが守っていたのは地元の名士だ 人道主義を掲げた寄生虫と言うべきか
The family we were protecting were local celebrities, rich parasites with delusions of humanity.

[マックス] 高級雑誌の表紙か遺体袋か ツキ次第でどちらにでも転がる類の連中だ
The kind of people who end up in glossy magazines or body bags, depending on how their luck runs.

MP3_cp01_03

[マックス] で皆はどこだ? ロドリゴは向こうで男と話しているが
So where are they all? I see Rodrigo over there talking to that guy.

[パソス] ああ 知らないヤツだ その隣にいるのは・・・ 警察の者だ よくは知らんが
Big-end cop, anti-gang sort of thing. I can’t remember his name.

[パソス] 大物で対ギャングの担当らしい 名前は忘れちまったがな
Yeah I don’t know him. That guy next to him, he’s some kind of cop, uh… I think. I’m not sure. Serious though.

[マックス] じゃあ この男は?
So who’s this guy?

[パソス] あいつは美容外科医か何かだ 脂肪吸引とか ナニをデカくする類のな
That guy is a plastic surgeon or some kind of surgeon, tummy tucks and cock implants.

[パソス] おい マルセロを見ろ まだバカみたいに踊ってやがる
Wow look at Marcelo, he still dances like a fool.

[マックス] 欧州の学校を出て ヤクにハマれば リッキー・マーティンになれるのさ
Guess that’s that a European education and a coke habit will do for a Ricky Martin look-a-like.

[パソス] そりゃ笑えるな おっと 失礼・・・
That’s very funny Max. Oh, excuse me.

[マックス] 俺はロドリゴ・ブランコに雇われていた 地元のビジネスマンだ
I was mostly working for Rodrigo Branco, a local businessman.

[マックス] 建設業を手掛け 慈善事業を行い 建造物に自分の名前をつけ 表彰され 人も物も思い通りだ
Built things, did some charity, had things named after him, won awards, owned things, people.

[マックス] その中でも最高の勲章が夫人だろう ファビアナだ 彼女はセクシーで無茶をしたがった
One of the trophies he had won was his wife, Fabiana. She was hot and wanted to be dangerous.

[マックス] 優秀な遺伝子は 何とかドン底から這い上がろうとする
Some good genes trying to fight their way out of cess pit.

[マックス] 玉の輿に乗った彼女は今や 自分の幸運を嘆いて回っていた
She’d married well and was now at leisure to regret her good fortune.

[マックス] 例によって金持ちの仕事中毒者と 頭の鈍い若妻の愛称は良いようだが
They got along as well as any rich workaholic and his younger air head wife tend to get along,

[マックス] 普段は殆ど口も利かなかった 彼女は専らヤクにハマっている末っ子のマルセロといた
they mostly ignored each other. She spent a lot of time with his coke head younger brother, Marcelo.

[マックス] 高いスーツを着てシャンパンを空け 頭が空っぽなのを快楽主義と呼ぶならマルセロはそれにあたる
He was a good time guy if your idea of a goodtime was an expensive suit,a bottle of champagne and nothing between the ears.

[マックス] 今入ってきたのは二男のビクターだ 彼は地元の政治家で 氷山に付着した原油より脂ぎっていた タチの悪さも同じだ
The middle brother Victor had just walked in. He was local politician. Guy was smoother than an oil slick on an iceberg and about as toxic.

[マックス] 他は知らないが どんな連中かは想像できた
The rest of the crowd, I didn’t know, but I could imagine the types.

[マックス] たんまり酒を飲めば 自分たちの幸運に 罪悪感を抱かずに済む そう思っている
People who know if they drink enough they won’t have to feel guilty about their good fortune.

[マックス] 突然 最悪の事態になった 二日酔いが一気に来たように
Suddenly things turned real ugly. Felt like our hangovers arrived right on cue.

コマンド・ソンブラがパーティ会場を襲撃する

MP3_cp01_04

[マックス] パソス! ヤツらは何だ?
Passos! What the hell was that?

[パソス] さっぱり分からん とにかく追うぞ
I don’t know what the fuck that was, let’s go man.

[マックス] ほんの一瞬で 順調だった全てが崩れ去った そして 二人の間抜けが後を追った
Things had gone from fine to fucked up in about a second, and now there were two idiots at the wheel.

[パソス] クリア!
Clear!

[パソス] ここは任せたぞ
You got this floor?

[マックス] ああ
Sure.

[パソス] 気をつけろ 無茶はするなよ
Look after yourself, bro. Stay safe.

[マックス] 自分の心配などしてなかった お飾りの夫人だろうが 彼女を助けなければ
It wasn’t my own safety I was concerned about. Trophy wife or not, I’d said I would protect the girl.

[マックス] 他のものと一緒に「鋭さ」を失っていないことを願った
I hoped I hadn’t lost my “edge”… along with everything else.

[マックス] 無様に飛び込むか 頭を撃ち抜かれるか 選ばねばならなかった
It was time to choose a nasty fall or a bullet to the head.

フロア制圧後、階下からファビアナの悲鳴が聞こえる

[マックス] ボスのカミさんの声だった いつもと違い カクテルを濃くしろと わめいたのではなかった
That was the boss lady. Only this time she wasn’t calling for more liquor in her cocktail.

バルコニーから下を覗くと、ファビアナを盾にしたギャングが追いつめられている

[パソス] バカはよせ よく考えろ
Don’t be stupid! Don’t be stupid!

[パソス] 彼女を解放しろ 渡すんだ さあ
Let her go! Let her go! C’mon!

[マックス] 俺は間抜けなのか 酔っていたのか・・・ それとも両方か
It might have been stupidity, drunkenness, or maybe both.

[マックス] だが俺は 敵の手中に落ちた女のために 馬鹿げた危険を冒していた
But before I knew it I was back taking insane risks, trying to save fallen women.

MP3_cp01_05

[パソス] よくやった
Nice work!

[パソス] 手を貸そうか?
Hey, you need a hand?

[マックス] いや そっちは?
No, do you?

[マックス] ロドリゴはどこだ?
Where the hell is Rodrigo?

[パソス] 分からん
I don’t know, man.

[パソス] ありがとう
Thanks.

[マックス] 誰かが 彼を探さないと
Somebody’s gotta go find him.

エレベータに乗り込むマックス

[マックス] 銃殺隊の目の前で エレベーターの扉が開くのを想像した
I imagined the elevator doors opening to a firing squad of muzzles.

[マックス] 思った通り こんな馬鹿な真似をするのは 俺以外にいなかった
Far as I could see it, the one thing my plan had going was that no-one else would be stupid enough to pull this move.

[マックス] ブランコを連れている分 ヤツらもあまり早くは進めないはずだ
Dragging Branco along would slow them down, but not much.

地下駐車場でロドリゴを連れたギャングを追いつめる

MP3_cp01_06

[マックス] 彼は地下から連れ去られたようだ 望みはまだありそうだった
It looked like they were taking him out through the basement. Maybe I still had a shot.

[マックス] 連中にとって ロドリゴの命は高すぎたようだ
Rodrigo was too rich a prize for them to throw away.

[マックス] 助けるのは面倒なことになりそうだったが 悪党共も彼の死を望んでいないはずだった
Sure, I’d have to work hard to get him back, but I knew the bad guys would want the boss alive. Almost as much as I did.

[マックス] 開閉ボタンは ゲートの左の壁にあった
The control box was on the wall to the left of the gate.

ギャングが落としていった写真を見つける。

[マックス] 金持ちが有名になると特典がついてくる 誘拐犯に狙われるのも その一つだ
The great thing about being famous as well as rich is the bad guys know who to kidnap.

[マックス] ロドリゴ!
Rodrigo!

[マックス] ブランコさん?
Mr.Branco?

ついにロドリゴを救出

MP3_cp01_07

[マックス] もう大丈夫です さあ立って
You’re okay. You’re okay. C’mon get up. C’mon get up.

[マックス] こちらへ もう安心です ここに座ってください
You’re okay. Come with me. Just come here. It’s okay. Just sit right here.

ロドリゴの傍を離れ、駆け付けたパソスと合流

[マックス] クソ
Fuck.

[パソス] やったな マックス
You did good, Max.

[マックス] どうだかな うまく行ったようには見えない
If you say so. It don’t look so good.

[パソス] これ以上何を望む? お互い生きてまた会えたし コマンド・ソンブラを始末したろ
Hey, what could be better, hunh? The good guys are reunited and the Comando Sombra are dead.

[マックス] そうだな ところで彼は?
I guess. So, who’s this guy?

[パソス] さあな 警察か何かだろ 別の管轄だ UFEじゃない普通の警察さ
I don’t know. Some kind of cop. Different branch of the police. Not UFE, but normal cops.

[パソス] 政治には疎くてな どこに行っても同じさ それにしてもくたびれてるな
I don’t know about the staff – politics. Everywhere politics. Shit Max, you look kinda beat up.

[パソス] 彼らを家に帰そう お前も送ってやるよ
Let’s get this lot home and I’ll get you home too, c’mon.

[マックス] 家に帰り 俺なりのやり方で休息をとることにした
Back home it was time for same R and R, the only way I knew how.

[マックス] それで ぐっすり眠れるはずだった
And with that, I guess I was ready for bed.

Chapter1終了

hack4hs

東京の片隅で、娘+嫁+猫2匹と同居中。家族が寝静まった深夜に、FPSとシミュレーションに興じるサラリーマンゲーマー。家事&育児と仕事に追われる毎日で、買ったものの開封すらしていないゲームが多数。マジで老後はゲーム三昧の日々を送ろうと固く心に誓いながら、日々を清々しく生きています。

You may also like...