Concrete Jungle

報酬
  • $200
目的
  • ジェイコブを取引場所まで連れて行く
  • 取引現場の裏手から逃走しようとするチンピラ3人を殺す
  • ジェイコブを取引相手のアジトまで連れて行き、敵を全滅させる
  • ジェイコブをホームブルー・カフェまで送る
開始条件
失敗条件
  • ジェイコブが死亡する
  • 敵を取り逃がす
新要素
  • 遮蔽物からの射撃(カバーアクション)

取引は常に危険と隣り合わせ

ミッション「Jamaican Heat」で、ジェイコブの護衛を完璧にこなしたことで信頼を得たニコは、彼の取引に同行させてもらえるまでになる。今回は万が一の場合のバックアップ要員として取引に同行するという役どころだ。

ジェイコブの自宅で彼を拾い、取引現場のサラトガ・アベニューまで送ってあげよう。

今回のビジネスパートナーは、過去に一応取引実績のある相手のようだが、ジェイコブはどうも信用していないようだ。現場に到着したら彼を降ろそう。ニコは取引が失敗したときに備え、車に乗った状態のまま裏口で待機する。

前回といい、今回といい、取引がまともに成立したためしがない。大丈夫なんだろうか。。。

前回といい、今回といい、取引がまともに成立したためしがない。大丈夫なんだろうか。。。

3人の裏切り者を始末しろ!

指示された通り、裏口で待機しているとジェイコブから電話があり、予想通り売人が裏切ったとのこと。うーん、取引がうまくいくことってあるのか?

表はジェイコブが引き受けるので、裏口から逃走する輩を始末しろとの指示がくる。電話の後、3人の売人が裏口から逃走するので、サクっと始末しちゃおう。このとき車から降りて射撃するよりも、そのままガーーっと轢いてしまったほうが簡単なのでおススメ。

轢きもらしてしまった敵や、しぶとく生き残った敵は個別に銃撃するなどしてトドメを刺そう。なお敵は一目散に表通り目指して逃走する。表に出てしまっても殺すことはできるが、手配度がつきやすくなるので人気のない裏路地にいる間に殺してしまうのがよい。

3人を始末したらジェイコブを迎えに戻ろう。

3人の売人が裏口から逃走!手配度がつかないよう、表通りに出る前にヤっちまうのが吉。

3人の売人が裏口から逃走!手配度がつかないよう、表通りに出る前にヤっちまうのが吉。

諸悪の根源は、根から絶つ!

ジェイコブを拾った後は、裏切った取引相手のアジトに向かうことになる。裏切り者は、仲間もろとも全滅させるという非常に大胆な作戦だ。アジトに乗り込むということで、「Jamaican Heat」に続き、本格的な銃撃戦が展開される。

今回の銃撃戦では、物陰に隠れながら射撃するカバーアクションのチュートリアルを含んでいる(ちなみに隠れる動作は「Qキー」押下)。今後の銃撃戦では、矢玉に身をさらしながらランボーライクに突き進むスタイルでは、クリアが難しいミッションがいくつも出てくる。今後のためにも是非カバーアクションを身につけておこう。

なお戦闘をジェイコブ任せにしすぎると、彼が死んでしまう恐れがあるので、ニコも積極的に参戦しよう。敵がキッチンの奥へ隠れてしまった場合は、ショットガン片手に突撃したほうがよい場合もある。状況を見ながら戦術を変えよう。

本格的な銃撃戦ではカバーアクションが重要。敵がリロードしている最中など、スキをついて射撃するのがポイント

本格的な銃撃戦ではカバーアクションが重要。敵がリロードしている最中など、スキをついて射撃するのがポイント

困ったときの救急セット

銃撃戦が片付いたらジェイコブをホームブルーカフェまで送っていこう。もし負傷している場合は、キッチンに救急セットがおいているので、ありがたく頂戴しておけばよい。

救急セットや食事は、ニコの体力をフル回復してくれる。カーナビルートの縁(ふち)部分が、体力・防弾チョッキゲージになっている。円周の左半分が体力ゲージ、右半分が防弾チョッキゲージだ。そのため体力をフル回復させても左半分のゲージしか満タンにならない。右半分もフルにしたい場合は防弾チョッキが必要だ。

なお防弾チョッキはあくまでも防弾でしかない。車に轢かれたりすると、例え防弾チョッキを着ていたとしても体力ゲージが下がるので注意してほしい。無敵のシールドではないのだ。

ジェイコブをカフェまで送ったら、報酬をもらってミッション完了となる。

負傷した場合は救急セットで回復できる。ただ予備を持ち歩くことはできない。効果はハンバーガーと一緒だ。

負傷した場合は救急セットで回復できる。ただ予備を持ち歩くことはできない。効果はハンバーガーと一緒だ。

hack4hs

東京の片隅で、娘+嫁+猫2匹と同居中。家族が寝静まった深夜に、FPSとシミュレーションに興じるサラリーマンゲーマー。家事&育児と仕事に追われる毎日で、買ったものの開封すらしていないゲームが多数。マジで老後はゲーム三昧の日々を送ろうと固く心に誓いながら、日々を清々しく生きています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です