A Revenger’s Tragedy

https://www.youtube.com/watch?v=WSPtIJuYWuE

報酬
  • $0
目的
  • ジェイコブと共に、ペゴリーノの手下を尾行してアジトを突き止める
  • ペゴリーノとディミトリを追う
  • ハピネス島でディミトリを追い詰めて殺す
開始条件
失敗条件
  • ジェイコブが死亡する
  • カーチェイスの段階でペゴリーノの手下を見失う
  • アジトを突き止める前にペゴリーノの手下を殺す
  • ディミトリのヘリに逃げられる
新要素
  • なし

従兄弟を殺した野郎に死のハナムケを

ミッション「If the Price Is Right」でまたもやこちらを欺いたディミトリだったが、これっきりの取引と割り切って水に流したニコ。だが当のディミトリとペゴリーノはニコの復讐を恐れて、刺客をさし向けてくる。

その刺客はディミトリ達からのメッセージを携えて、ローマンとマロリーの結婚式という晴れの舞台に現れる。危機一髪の局面をなんとか凌いだニコだったが、刺客の放った弾丸は運悪くローマンの急所を貫き、彼は帰らぬ人となってしまう。家族を殺した憎きゲス野郎ときっちりケリをつけよう。これがニコにとっての最終決戦となる。

結婚式の惨事の後、ディミトリ達の動静を観察していたジェイコブから、「ヤツらを見つけた」との連絡が入る。待ち合わせ場所で彼と合流し、ディミトリの手下を尾行しよう。彼らを殺さずにそのまま後をつければ、ボスがいる隠れ家へと導いてくれるはずだ。追跡経路となるハイウェイでは、ターゲットは相当無茶な運転をするので、振り切られないよう注意しよう。

ターゲットはハイウェイを逆走するなど、なりふり構わない運転でニコをまこうとするので、振り切られないよう注意。

ターゲットはハイウェイを逆走するなど、なりふり構わない運転でニコをまこうとするので、振り切られないよう注意。

要塞と化した隠れ家

手下達を追跡すると、最終的にオルダニー地区の海岸にある廃墟へとたどり着く。そこがディミトリとペゴリーノの隠れ家になっているようだ。静かに奇襲をかけたいところだが、追跡を振りきれないと悟ったターゲットはアジトのメンバーに連絡を入れていたで、現場につくなり迎撃態勢を整えた敵からの一斉射撃をお見舞いされる。

銃弾の嵐の中、ニコはジェイコブに対して逃走用の足を確保してもらうよう依頼し、別々に行動することなる(カットシーンあり)。ここからが本格的な戦闘の始まりだ。単独行動なので、誰かの体力を気にしながら戦う必要はない。自分のペースで進もう。

アジト前には屋上に数名、建物前で車のバリケードを盾にした敵が10名程度いる。まずは乗ってきた車でカバーポジションを取りながら、屋上にいる敵を始末しよう。高所をおさえられている状態は、一方的に射撃の的にされるためよろしくない。

バリケードとなっている敵の車にRPGを撃ちこんだら、一気に突撃をかけよう。爆風に怯んでいるスキがチャンスだ。

バリケードとなっている敵の車にRPGを撃ちこんだら、一気に突撃をかけよう。爆風に怯んでいるスキがチャンスだ。

まずはバリケードを突破しよう

屋上を片付けたら次は地上の敵だ。バリケードにしている車にRPGを打ち込んでやれば、車同士が誘爆してくれるので、かなりのダメージを与えることができる。さすがに爆風だけで敵を一掃することはできないが、数を減らして且つ怯ませるには十分だ。

RPGを打ち込むのと同時に、右手の廃材置き場を経由しながら接近しよう。そのまま直線距離で彼らに接近しないのは、いざというときにカバーポジションをとれるようにするためだ。

外を片付けたら、屋内に侵入しよう。屋内に控えている敵の数は少ないが、いかんせん薄暗いため敵の位置が把握しにくいことから、入口付近でカバーポジションを取り、敵の配置を確認しよう。マズルフラッシュ(発砲時の火花)で大凡位置は特定できるはずだ。

カバーポジションを取りながらは狙えない敵もいるので、ある程度敵を片付けたら、そのまま慎重に進もう。

屋内は薄暗く、敵の位置を把握するのが困難だ。マズルフラッシュ(銃撃時の発光)を頼りに索敵しよう。

屋内は薄暗く、敵の位置を把握するのが困難だ。マズルフラッシュ(銃撃時の発光)を頼りに索敵しよう。

ペゴリーノとディミトリが仲間割れ?

建物内を更に進むと、ペゴリーノとディミトリが揉めている場面に出くわす(カットシーンが再生される)。なんとディミトリは、そもそもペゴリーノすら利用してしまおうという魂胆だったらしく、「報酬を山分けする気はない」と言って、ペゴリーノを射殺してしまう。そのままディミトリはヘリポートがある屋上へと逃げていくので、こっちも後を追いかけよう。

ちなみに周りを見渡してもフィルの死体はないので、恐らく「If the Price Is Right」の一件以降、ペゴリーノとは距離を置いているのかもしれない。さすが良い判断だよフィル!

ペゴリーノの死体を尻目に見ながら、屋上へと進もう。外に出ると扉を取り囲むように敵が控えているため、そのまま突っ込むと集中砲火を浴びてしまう。まずは扉の一歩手前から銃撃で扉を開けて、正面で待ち構えている2人を倒し、その後右手の敵を始末するのがオススメだ。その後、ヘリポートに接近するとカットシーンが始まる。

人間の本質は変わらないようで、ディミトリはともにのし上がったパートナーのペゴリーノさえも、手にかけてしまう。

人間の本質は変わらないようで、ディミトリはともにのし上がったパートナーのペゴリーノさえも、手にかけてしまう。

スピードボートでヘリを追跡せよ

カットシーンの中で、ディミトリを乗せて飛び立とうとしているヘリの足になんとかしがみついたニコだが、振り落とされて海中に放り出されてしまう。落ちた近くにはスピードボートが停泊中なので、それを失敬してヘリを追跡しよう。

この追跡の中で非常に厄介なのが、逃げるヘリから撃ってくるRPGだ。弾速は非常にゆっくりとしているものの、あまり距離を詰めて接近するとかわせないこともあるので、一定の距離感を保つことが望ましい。RPGは発射後の煙から大凡の方向が推定できるため、それを見切って舵を切ろう。方向を読むためにも、一定の距離が必要ということだ。

しばらくすると逃走用(この状況では追跡用ですが・・・)の足を用意してくれたジェイコブがヘリに乗って登場する。低空飛行でホバリングしてくれているヘリの真下にイエローマーカーが表示されるので、そこにスピードボートで突っ込もう。スペースキーの連打でヘリに乗り込むことができる。

ときたまヘリから発射されるRPGが邪悪なので要注意。直撃したら、もちろんあの世行きだ。

ときたまヘリから発射されるRPGが邪悪なので要注意。直撃したら、もちろんあの世行きだ。

ディミトリを狩れ!

ヘリに乗り込んだら運転がニコにかわるので、フルスロットルで追跡開始だ。このときターゲットと同程度又はそれを下回る高度で飛んでいると、敵のRPGを食らってしまう恐れがあるので高度を高く保とう。敵はビルの間をぬって飛ぶので、建物を避けるという意味でも高度を上げて運転したほうが簡単だ。

しばらく追跡を続けると、敵のRPGを被弾して(必ず喰らう)ターゲットもろともハピネス島に不時着することになる。ディミトリは島内の奥に逃げ込むのでそのまま追跡だ。

島内はカバーポジションをとれる場所が非常に少ないことと、警官も配置されているので(こちらが発砲すると襲ってくる)、時間をかけてのプレーはオススメできない。素早く敵を始末してディミトリを追い詰めよう。彼を倒せば、カットシーンを経てエンドロールになる。

ディミトリのヘリは墜落寸前の状態でハピネス島に不時着する。すぐさま追いかけて、カス野郎に止めを刺そう。

ディミトリのヘリは墜落寸前の状態でハピネス島に不時着する。すぐさま追いかけて、カス野郎に止めを刺そう。

hack4hs

東京の片隅で、娘+嫁+猫2匹と同居中。家族が寝静まった深夜に、FPSとシミュレーションに興じるサラリーマンゲーマー。家事&育児と仕事に追われる毎日で、買ったものの開封すらしていないゲームが多数。マジで老後はゲーム三昧の日々を送ろうと固く心に誓いながら、日々を清々しく生きています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です