A Long Way to Fall

報酬
  • $8,500
目的
  • ウェストミンスター・タワーの団地に向かう
  • レイが指定する男(アロンゾ)を脅して、情報を引き出す
  • ギャングの集団を退けながら、テディを見つけて始末する
開始条件
失敗条件
  • 情報を引き出す前にアロンゾが死亡する
  • テディを殺さずに団地から離れる
新要素
  • なし

マフィア幹部からのお仕事

Waste Not Want Knots」のミッションで知り合ったレイが、ニコの腕前を聞きつけたようで仕事の依頼をしてくる。パッキーのミッションをクリアすると、地図上にレイのアイコンが表示されるようになるので、アルゴンキンのリトルイタリーにある彼のレストランに行ってみよう。

レイはイタリアンマフィア・ペゴリーノファミリーの幹部構成員だ。彼のミッションを通じて同幹部のフィルと知り合い、彼を通じてボスのペゴリーノへと関係が広がっていく。レイからの依頼はマフィアの仕事にどっぷり浸かる前の序章のようなもの。これ以降ミッションの難易度は上がっていくので、気を引き締めていこう。

レイに会うと、借金を踏み倒そうとしている人物の始末を依頼される。そいつはテディ・ベナヴィデスという男で、ガルベストン・アベニューの団地に住んでいるようだ。手段は問わないということなので、いつも通り「邪魔するヤツは皆殺し」コースでだな。タクシー又はマイカーで、彼の住む団地まで移動しよう。

さすがマフィアの幹部、借金を踏み倒そうとするような輩には手加減がない。

さすがマフィアの幹部、借金を踏み倒そうとするような輩には手加減がない。

テディの居場所を突き止めろ

団地に到着したらレイからのメールをチェックしよう。アロンゾというテディの部下がボスの居場所を知っているので、彼を痛めつけて口を割らせよう。メールにはアロンゾの写真も添付されているので、それを頼りに彼を探せばよい。

アロンゾは「72」と印字されている水色のジャージを着ている。団地のど真ん中にいるので、探し回る必要もなくすぐに見つけられるはずだ。彼に近づくと短いカットシーンが入る。

カットシーンが終わったら、彼をいたぶって口を割らせることになるが(殴る又は銃を突きつけるだけでもOK)。くれぐれも口を割らせる前に殺すことのないように注意。テディの部屋番号を聞き出したら団地の中に向かおう。このときアロンゾを始末しておけば、仲間に通報されないため奇襲をかけることができる。

仲間からの制裁を恐れてシラをきるアロンゾ。制裁よりも恐ろしいものがあることを身を持って教えてあげよう。

仲間からの制裁を恐れてシラをきるアロンゾ。制裁よりも恐ろしいものがあることを身を持って教えてあげよう。

野郎の部屋に突入

テディの部屋は最上階にあるものの、エレベータが修理中のため20階までしか行けない。そこからは階段になるのだが、フロアの各所にテディの部下が控えているため、スニークによる侵入は不可能だ(アロンゾを始末して奇襲をかける場合も同様)。

エレベータをおりたら、各所で待ち構えている敵を始末しつつ、最上階を目指そう。一部の敵はカバーポジションからいきなり目の前に出てきて攻撃してくる。特に階段を上りきった場所などは敵が急襲をかけてくるので注意が必要だ。ショットガンを構えて、エイミングしながら前進しよう。

野郎の部屋にも手下が待ち受けている。そのまま突入しても蜂の巣にされるので、できればグレネードを放り投げてからお邪魔するのが理想だ。部屋にいる敵を一掃できたら、室内を捜索しよう。台所も含めて一通り室内を見終えると、短いカットシーンを挟んでテディが逃走する。追跡劇もこれで終盤。屋上に逃げた彼を追い詰めよう。

アパートの通路は敵で溢れているので、油断せずに進もう。

アパートの通路は敵で溢れているので、油断せずに進もう。

屋上から突き落せ!

テディの部屋から屋上までの道のりにも、彼の手下が数名控えている。特に階段ではカバーポジションをとれないまま、上から狙い撃ちにされる危険が大きいため、視線は常に上を見ながら慎重に進もう。

屋上に出たら部下は一人しかいない。排気口の陰でカバーポジションをとっているヤツを仕留めたら、袋小路でモジモジしているテディを残すのみだ。あとは殴るなり、撃つなりすれば、屋上からのダイブを見学できる。

彼を始末して団地の外に出ればミッション完了となる。レイに先勝報告を入れよう。

ターゲットを突き落とす際は、自分も一緒に落ちないように注意しよう。地上へトゥゲザーだけは勘弁。

ターゲットを突き落とす際は、自分も一緒に落ちないように注意しよう。地上へトゥゲザーだけは勘弁。

hack4hs

東京の片隅で、娘+嫁+猫2匹と同居中。家族が寝静まった深夜に、FPSとシミュレーションに興じるサラリーマンゲーマー。家事&育児と仕事に追われる毎日で、買ったものの開封すらしていないゲームが多数。マジで老後はゲーム三昧の日々を送ろうと固く心に誓いながら、日々を清々しく生きています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です