最新CPU “Haswell”紹介イベント 『Intel Technology Day in AKIBA 2013』に行ってきた!

インテルが第4世代のCoreプロセッサーを紹介するイベントをやるらしいというので、ベルサール秋葉原まで行ってきた。

HaswellEvent01

遠目にもインテルのロゴが視認できるほど、存在感たっぷりの会場設営。正直、もっとこじんまりしたヤツを想像してたんで、ちょっとビックリ。

会場入り口付近では、キャンペーンガールのお姉ちゃんたちが、インテルのコスチュームに身を包んで紙袋を配布中。”近くのお店でパーツでも買ってってね”的な意図があるのか、結構デカめでしっかりしたつくりの袋だった。せっかくなので、ツクモさんにてダストブロワーを購入。パーツじゃなくて、ごめんなさいよ。

会場内では演台とディスプレイを備えたプレゼンエリアと、各メーカーの最新マザボーやPCの展示コーナーがあった。私が行ったのは、6/2(日)の午前中だったが、割と客足が多く、会場はにぎわっていた。

HaswellEvent02

タイミングよくプレゼンもやっていたので覗いてみると、第2世代CPUとHaswell(第4世代)CPUとの比較デモを実施中。内容的には「内臓グラフィックス性能が強化されているんで、グラボなしでも軽い3Dゲームなら余裕っすよ」というもの。エントリーモデルのPCを探しているライトユーザにはいいのかもしれないけど、そうでない人(特にPCゲーマー)にとってグラボ非搭載という選択肢は考えにくいと思うので、意外と聞く者を選ぶプレゼンだったかな・・・

例えグラボを積んでいても、CPUとグラボでグラフィック処理のシナジー効果がありまっせ というなら話は別なんだが、いかんせん勉強不足で、そこまでわかっていない。あとで、調べてみよう。。。

HaswellEvent03
HaswellEvent04

PC展示コーナーではHaswellを搭載したゲームPCが多く展示されていた。Ultrabookやタブレット的な展示がメインかと思ったけど、意外にもデスクトップPC勢揃いだった。というのも、Haswellは前世代のIvy Bridgeと比較して、消費電力の改善に力が入れられているCPUなので、モバイルデバイスの利用時間を延ばすのに向いている。そのため、今回のイベントもモバイルデバイスを強くプッシュしてくるのかと思っていた。まあ、パーツショップがひしめくアキバのど真ん中でイベントやるわけだから、ゲーミングPCが出てくるのは道理ですな・・・(後から調べてわかったのだが、6/4の正式発表に先んじてのイベントだったようで、デスクトップPC向けの内容がメインだったらしい)

HaswellEvent05

※図らずもお顔が映ってしまった方については、画像処理をかけているのであしからず。

イベント会場では、近隣パーツショップのスタンプと引き換えの抽選会も行われていたので、筆者も参加してみた。スタンプはビンゴ形式となっており、1列揃うごとに1回。最大で3回まで抽選に参加することができる。

HaswellEvent06

せっかくなので、9店舗すべてを回ってスタンプを集めてみた。(各店にはインテルコスチュームのきれいなお姉さんが待っていたので、全然苦じゃなかったけど・・・)

で、結局3回抽選するも、ハズレ・・・・

HaswellEvent07

残念賞はこんなメモ帳でした。昔からくじ運悪いしね・・・・

スタンプを集める傍ら、いろんなショップを覗いていると物欲がどんどん刺激されていった。ああ、GTA Vが発売されるまでマシンは新調しないって決めてるのに・・・・ がまん、がまん。

hack4hs

東京の片隅で、娘+嫁+猫2匹と同居中。家族が寝静まった深夜に、FPSとシミュレーションに興じるサラリーマンゲーマー。家事&育児と仕事に追われる毎日で、買ったものの開封すらしていないゲームが多数。マジで老後はゲーム三昧の日々を送ろうと固く心に誓いながら、日々を清々しく生きています。